株式会社大楠屋は、昭和3年に創業、35年会社法人化して以来、大阪市にて加工食品卸売業を営んでおります。長年お取引頂いている得意先様、仕入先様、メーカー様、その他お取引関係皆様のお陰様をもちまして今日に至っております。
食品業界、地域社会に貢献しうる企業として創意工夫、変化対応、正しいビジョンをもって取り組んで行きたいと思います。
当社の社員には、1人1人が時代を先取りした提案をするべく、日々知識の研鑽と情報の収集に努め、業務に携わることを望みます。いかに変化に対応できるか、いかに業界にとって価値ある会社にしていけるか、常に挑戦し、社員の生活の安定と福祉厚生の向上、事業目的の達成を目指して、会社と社員が一丸となり会社を運営してます。

 

明るく楽しくハッピーな人生を送りたい、すばらしい人生を送りたい

 

■ 仕事に、遊びに、良い家庭作りに、また夢と希望のため、100%力を使い切りたい!

■ 今は不可能でも将来の夢に向かってチャレンジ
  必ずやる!できるまでやる!今すぐ行動!

■ 8 時間仕事 8 時間睡眠 8 時間自由時間 8 時間仕事活躍時間を100%力を使い切る。

 

会社名

株式会社 大楠屋

代表者

酒井 修司

本社所在地

〒564-0082 大阪府吹田市片山町3-32-3

<電話番号>
【代表】 06-6170-1481 / FAX : 06-6170-1482

物流倉庫

■株式会社大楠屋 チルド・冷凍・常温高槻配送センター
〒569-0841 高槻市西面北2丁目19番1号
グリーン物流株式会社 内

創 業

昭和3年3月2日 法人設立 (昭和35年3月1日)

資本金

2,000万円

事業内容

総合食品流通卸業

取引銀行

みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行
商工中金、日本政策金融公社

主要取引メーカー

日清食品、東洋水産、旭松食品、UCC、
大塚、ネスレ、サントリー、他各種

所属組合

大阪商工会議所、大阪府食品卸同業会
(株)R-net(地域食品流通ネット)会員

営業エリア

京阪神地区のスーパーマーケット、有名小売店、
病院、大学生協など

 

沿 革

昭和3年3月2日   福島区浄正橋にて酒井文蔵より青果物商を創業
昭和26年      大阪市北区池田町天満卸市場へ移転
一般食品の取り扱いスタート
昭和35年3月1日  会社法人 株式会社大楠屋を設立
昭和38年      現在の大阪市北区本庄西3-5-5に配送センター建設
昭和55年      第2物流センター建設
昭和58年      NEC製コンピュータシステム導入 得意先EOS開始
平成20年      新コンピュータシステム導入
平成29年      事業拡大に伴い、物流外部委託、事務所移転